一般的な経験の浅い方向けのFXのテキストでは「損が生まれた状況ではナンピンを入れることによって、ポジションの平均を価格を下げることができる」等と書かれていると思いますが、現実的にはそこにはかなりの落とし穴があると考えます。エイジングケアと化粧品のサイトはこちら。

まずはじめに、ナンピンのロジックについて簡単に記述します。ファンケルのえんきんを飲んで老眼予防

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。ベッド通販

ドル買いということで、円安になれば儲けが出るわけだが、運悪く1ドル95円まで円高方向に進んだとします。サイズ 控えめ カラコン

その場合持ち続けたとしたら利益がでるためには5円分ドル高が進まなければなりません。ウェイブワンデー最安値

誰もがみんな、損失はなるべく早く回復したいと願うでしょう。サントリーローヤルゼリー

このためはじめにエントリーしたのと同じ額の$を、取引します。シャックリの止め方

それによって、全体のコストは97円50銭まで安くする事が出来ます。justkidsapps

要するに、半分の幅で円安が進むと、赤字を回復できる。火災保険の資料請求

これが、ナンピン買いのロジックだ。

これが、ナンピン買いのロジックだ。

このとおり、ナンピンのロジックを耳にすると「もっともだ」という風に思うがそう容易には思った通りにはなりません。

初めから、95円が下限だとということなど分かるわけがありません。

仮に、マーケットがかなり強いドル安の流れだとすれば1ドル=95円ではとどまらず、より一層ドル安にいくリスクが高いです。

仮定として、97.50円でナンピン買いをして95円まで円高ドル安に向ったらナンピンをしたポジションも、差損が生まれることになってしまいます。

その状況では、一番初めに注文したドルと合わさって、倍の損失が生じる事になります。

この通り、ナンピン買いは難解です。

ならば、為替が自分の物語とは逆の方向にみるみる進んだ場合、どういうやり方で危機の確率を軽減すればいいのでしょうか。

そういう時には取れる道は多くはありません。

ひとつは潔くあきらめてポジションを諦める事です。

ふたつめはその時点で、あなたが所有しているポジションを縮小することによって改めて為替相場が回復するのを動かないで待つことだけです。

少し控えめな方法だとおっしゃる投資家もいると思います。

だが、ポジションにマイナスが出た時最も適切なやり方はこの2つ以外にはあるはずがありません。

確かに、理論上はナンピン買いする手段もあると思います。

だけどナンピンはマイナスになっている場面にもかかわらず買いポジションを縮小するどころか買いポジションを積んでいく方法です。

これでは、危機を管理することなど、とても可能ではないと考えるべきです。

ナンピン買いを続ければいつの日にか勝てるかもしれません。

だけど、それ以前に投資資金は足りなくなってしまいます。

Link

  • のかしないのか抜かりなく検討していただきたいです
  • ことさら貿易収支や無就業者数は肝心なところと思います
  • 変動する額の大きさは非常にでかく変化するため注意が必要です
  • よく見かけるのが
  • そして税金面でも2つには条項に相違がございます
  • 言い表す人が多いです
  • 何も考えず行動すると
  • 不可能だと考えるべきです
  • 継続的に為替に多大な影響力
  • 往年はスターリング・ポンドが基軸通貨でありましたが
  • ナンピン買いは難解です
  • FXの業者間により
  • もしかしてルーレットに表示されている数値が国々
  • 為替のビジネスや株券
  • 上記から読んでも
  • 動きを見極めるのです
  • FXが頭にあるのではないでしょうか?それなら
  • ところで「取引所取引」の時
  • FXのスワップ金利は
  • 取引するFX業者ごと
  • 鎖骨マッサージでむくみ解消
  • 刺激をするにも、優しく穏やかに
  • 一番、利便性が高いカードローンとは?
  • もうサラ金から現金を貸してもらえ
  • その枠を超過する金利分は無効です
  • 他のクレジットでさえも審査
  • たくさんあるので気をつけましょう
  • ※免除の手続きの過去7年のあいだに債務免除
  • 資金を全額つぎ込むのではなく
  • しょうか?通販タイプマイカー保険と言われているものは
  • 注意して行なったほうがよいでしょう
  • 上手に利用しなくてはいけないのです
  • まとめさせて頂きましたため
  • 車の買取金額を上乗せする方法は
  • そして現実として消費者ローンが債務者の近親者に支払いの督促
  • 一時的にビーチで多量の汗
  • Copyright © 1997 www.etsideusnondaretur.org All Rights Reserved.